メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

司法を隠れみのにする愚=与良正男

 かつて就任からわずか4日目に辞任した閣僚がいた。1988年暮れ、当時の竹下登内閣で法相に起用された長谷川峻(たかし)氏だ。

 リクルート事件で政界が揺れていた頃。長谷川氏は当初「(リクルート社と)ご縁がないからこうして座っている」と大見えを切ったものの、すぐさま長年同社から献金を受けていた事実が発覚し、「結果的にウソをつくことになった」と陳謝して辞めた。

 事件解明に関わる法相の辞任は当然だった。だが政治家の言葉はあの頃、それだけ重いものだったし、今から…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです