メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キラリ☆TOYAMAのガラス人

/38 富山ガラス工房スタッフ・ワタナベサラさん /富山

富山ガラス工房スタッフのワタナベサラさん=富山市古沢で、青山郁子撮影

心のストーリー絵で表現 細かな線が生む世界観 ワタナベサラさん(28)=富山市

 富山市ガラス美術館(富山市西町)で開催中の「富山ガラス大賞展2018」で、「コレクションルーム」が入選した。ガラスの器が、光を取り込む建物のように見える作品。自分の心の中に浮かんだストーリーを絵に表現して描いた。

 ガラスを知ったのは小学4年の時。家族で訪れた静岡県磐田市の新造形創造館で吹きガラスの制作風景を見た。それまでコップや皿などがどのように作られるか考えたこともなかったが、不思議な工程に衝撃を受けた。高校時代には、体験講座に参加。ガラスをやりたいと倉敷芸術科学大学に進学した。

 しかし学生時代はガラスそっちのけで軽音部に没頭。「ゆがみ」というバンドでウクレレボーカルを担当し、…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1341文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです