メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

中国がバチカンと「和解」 異質さ際立つ宗教管理=河津啓介(中国総局・北京)

北京市内にある中国政府公認のカトリック教会。中国とバチカンの和解により、中国の信者は大きな転機を迎えている=9月23日、河津啓介撮影

 キリスト教カトリック総本山のバチカン(ローマ法王庁)と中国が9月22日、高位聖職者である司教の任命権で暫定合意を結んだ。1951年に両者が断交状態になって以来、歴史的な和解に踏み出した。しかし、習近平指導部は宗教の「中国化」を掲げ、中国共産党による宗教管理を強めている。当局の管理・統制を最優先する中国流「信仰の自由」によって、中国カトリックの聖職者や信徒はむしろ試練に直面している。

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです