メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

18万人の名前を刻んだ着陸目印を投下へ

探査機はやぶさ2の底面に付けられた5個のターゲットマーカー=宇宙航空研究開発機構提供

3回目のリハーサル、降下を開始

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機はやぶさ2が、小惑星リュウグウへの着陸に向けた3回目のリハーサルに挑む。24日に降下を開始し、今回は着陸のときに目印にするターゲットマーカー(直径約10センチ)を初めて小惑星へ投下する。ターゲットマーカーには、国内外から寄せられた約18万人の名前を刻んだシートが入っており、参加者の思いをリュウグウへ届ける。【永山悦子】

 計画では、はやぶさ2は24日午後1時ごろから降下を開始し、25日正午ごろに高度20メートル付近に達…

この記事は有料記事です。

残り2397文字(全文2643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです