メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損害賠償

余命伝えず医師を提訴「残りの人生違っていた」

 今年1月に乳がんで死亡した大分市の女性(当時57歳)に余命1カ月との診断結果を告知しなかったため、残りの人生を家族で充実させることができなかったとして、遺族が女性の通院先のアルメイダ病院(同市宮崎)を運営する市医師会と主治医に対し、慰謝料など3190万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。遺族側は「死が迫っているとは考えておらず、残された時間で女性の希望に沿ったり、共に多くの時間を過ごしたりできなかった」と主張している。

 提訴は先月13日付。今月26日に第1回口頭弁論がある。訴状などによると、女性は2005年ごろ乳がん…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1063文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです