メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

問題行動調査

「暴力行為」353件 前年度から147件増 県内小中高生 17年度 /富山

 文部科学省が25日発表した2017年度の小中高生の問題行動に関する全国調査で、県内は暴力行為が前年度より147件増の353件と、最近5年で最多となった。県教委は「スクールカウンセラーやソーシャルワーカーら専門家と相談し、再発防止に取り組みたい」と話している。

 調査は00年度から全国の小中高と特別支援学校で実施。県教委は県内の公立学校分を発表している。

 調査によると、暴力行為は小学校147件(前年度61件)▽中学校185件(同117件)▽高校21件(…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文563文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 衆院予算委員長「閣僚から不穏当な発言」と注意 茂木経済再生担当相やじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです