メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪のワザ

段ボール製造 Jパックス(八尾市太子堂2) 避難所に革命「はこベッド」 /大阪

熊本地震では、Jパックスの水谷嘉浩社長の呼びかけで避難所に段ボールベッドを提供=熊本市内で2016年4月、野田武撮影

 大阪は今年、地震や台風など自然災害に見舞われた。備えの必要性を実感した人も多かったのでは? 段ボール製造会社「Jパックス」(八尾市太子堂2)の水谷嘉浩社長(47)は、災害時用の簡易ベッド「暖段はこベッド」を開発、「ストップ・ザ・雑魚寝」を掲げ、災害関連死予防に取り組んでいる。

 暖段はこベッドは、横約90センチ、縦約190センチ、高さ約35センチ。段ボール箱を組み立ててつくる。誰でもできそうにも思うが、10回以上改良を重ねた。

 最新型は、横21・5センチ、縦31・5センチ、高さ35センチの箱4個をまとめて一つの箱に入れ、それ…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1517文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです