メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 象徴天皇の原点 初外遊19歳「平和の使者」=広岩近広(客員編集委員)

平和外交のため大型客船で欧州へ向かう陛下と、その写真を運んだ伝書バトの奮闘を伝える記事=1953年4月2日の毎日新聞から

 平成の30年は、天皇陛下が象徴としての務めに精励された歳月だった。陛下はこの30年間で、平和日本の象徴天皇像を確立した。平和の祈りをこめた慰霊の旅を続ける陛下の姿は誠心誠意、全身全霊の形容がふさわしい。この源泉は、どこにあるのだろうか。

 私は自問の末に、皇太子時代の初外遊にたどりついた。そのことを教えてくれたのは、伝書バトだった。正確には、伝書バトにまつわる毎日新聞の記事である。

この記事は有料記事です。

残り1873文字(全文2065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです