メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

三枝聖さん=虫から死後経過時間を推定する「法昆虫学者」

三枝聖(さいぐさ・きよし)さん(46)

 左手に紙コップ、右手にピンセットを持ち、死体と向き合う。司法解剖などが行われる法医解剖室。執刀医でも警察官でもない、世界で数少ない「法昆虫学者」。人の死体を食べている昆虫を証拠として分析し、死後経過時間を推定する。

 国内でまだ知られていない法昆虫学は、海外で有用性が注目されつつある。韓国の旅客船セウォル号沈没事故(2014年)をめぐり、背任容疑などで指名手配されて、変死体で発見された運航会社会長のケース。死体に付着したウジの産卵日時を調べて、死後経過時間を割り出した。

 学生時代はモグラやネズミといった野生の小型哺乳類の染色体について研究し、修士号を取得。その後、岩手…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです