メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

7カ月ぶり安値 米国発株安、再び連鎖

大幅に下落した日経平均株価を示すボード=2018年10月25日、AP

 東京株式市場は25日、前日の米国株の急落を受けて全面安の展開となり、日経平均株価の終値は前日比822円45銭安の2万1268円73銭と、約7カ月ぶりの安値をつけた。今月上旬にバブル崩壊後の最高値を記録してから、わずか3週間で約3000円も下落した。アジア市場でも株価が下落し、今月11日に続き再び米国発の株安が連鎖する形になった。米中貿易戦争への懸念の高まりなどから、市場は不安定な動きが続いている。

 24日のニューヨーク市場のダウ工業株30種平均は、前日終値比608・01ドル安の2万4583・42…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです