メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

「細見美術館」の館長・細見良行さんとのトーク拡大版

細見美術館の細見良行館長(右)から話を聞く桂南光さん=京都市左京区で2018年10月16日、川平愛撮影

 大阪の実業家・細見家3代のプライベートコレクションと、優れた日本美術の企画展で知られる細見美術館は、京都の中でも文化施設の集まる岡崎地区にあります。祖父、父と受け継いできた名品を多くの人に楽しんでもらおうと、細見良行館長が美術館を作った20年前、日本美術は今ほど脚光を浴びていませんでした。それでもコツコツと展覧会を続けてきた情熱と行動力に、アートを愛する桂南光さんが迫りました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4123文字(全文4323文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです