メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

走れ、隠れろ、闘え

乱射事件への対応について講義するポール・ウェルス警官=米ロサンゼルスで2018年10月15日、長野宏美

 「ラン(走れ)、ハイド(隠れろ)、ファイト(闘え)」。米国で一般的な、ある講習会に参加し、三つの心得を習った。銃の乱射事件が起きた時の対応だ。

 「まずは逃げて隠れる。それができなければ銃撃犯と闘う」。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で、警官がビデオを示して解説した。無防備に伏せるより、立ち向かう方が良い時もあるという。「消火器やボール、何…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです