メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ドラフト会議 「1年目から活躍を」 サンダーバーズ・湯浅投手、阪神6位 /富山

プロ野球での活躍を誓う富山GRNサンダーバーズの湯浅京己(あつき)選手(右から2人目)や海老原一佳選手(同3人目)=富山県高岡市で、森野俊撮影

 25日にあったプロ野球ドラフト会議で、富山GRNサンダーバーズの湯浅京己(あつき)投手(19)が阪神から6位、海老原一佳外野手(23)が日本ハムから育成1位指名を受けた。創設12年目のサンダーバーズの選手が育成でない支配下指名を受けるのは初めて。元ヤクルト投手の伊藤智仁監督は「球界を代表する選手になってほしい」と語った。【森野俊】

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです