メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

若冲ブーム先駆け 細見美術館・細見良行館長の巻

細見美術館内のカフェに立つ桂南光さん(左)と細見良行館長=京都市左京区で

 近年ブームが続く伊藤若冲(じゃくちゅう)や江戸琳派など、日本美術の名品を多く所蔵する細見美術館(京都市左京区)は今年、開館20周年。アートを愛する桂南光さんお気に入りの場所で、コレクションのみならず、空間そのものにも魅力を感じていると言います。大阪の実業家だった祖父に始まる3代のコレクションを美術館に結実させた細見良行館長に、ブーム以前から地道に日本美術に光を当て続けたこだわりを聞くべく、初秋の京都を訪ねました。【山田夢留、写真・川平愛】

この記事は有料記事です。

残り1483文字(全文1705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです