メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校読書調査

家庭で育む喜び 大人が読む姿手本に

 本を好きな子どもは多いのに、小中高と進むにつれ読書から遠ざかっていく--。毎日新聞が全国学校図書館協議会(全国SLA)と合同で実施した「第64回学校読書調査」からは、こんな傾向が浮かぶ。その背景を探ろうと、さまざまな読書体験と現在の読書行動との関係などを尋ねてみた。【池乗有衣、平林由梨、倉岡一樹】

 「小学校に入る前、家の人に本を読んでもらったことがあるか」との問いに、「よく読んでもらった」は、小学生40%、中学生35%、高校生35%だった。「ときどき読んでもらった」は、小学生36%、中学生41%、高校生40%。「よく」と「ときどき」を合わせると、小中高とも4人に3人は幼い頃に読み聞かせをしてもらった記憶があるようだ。一方、「まったく読んでもらわなかった」は、小学生11%、中学生10%、高校生9%だった。

 家の人に本を読んでもらったことがある層は、ない層に比べ、本を読むことが好き(「好き」と「どちらかと…

この記事は有料記事です。

残り1643文字(全文2050文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです