メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校読書調査

図書館は視野広げる「情報館」

 子どもたちの日常に、パソコンやタブレット、スマートフォンが入り込んで久しい。ネット上には真偽の危ういニュースも少なくない。元報道キャスターでネットなどのメディア教育にあたる下村健一・白鴎大客員教授は「メディアリテラシーがますます必要になっている」と指摘する。

 --メディアリテラシーとは?

 ◆かみ砕いて言うと「情報のキャッチボール力」です。ひと昔前まで、情報は図書館の棚に書籍として、整然と静かに並んでいました。ところが今や、情報はネット空間を高速でビュンビュン飛び交っている。メディアリテラシーとは、情報というボールをエラーせずに受け止めたり、暴投せず正確に投げたりする能力です。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1123文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです