メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PGA Tour

[速報]小平が日本人最上位の通算1アンダー22位タイに浮上(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目

PGAツアー第5戦 WGC-HSBCチャンピオンズ/中国 シーシャン・インターナショナルGC

 上海(中国)で開催されているWGC-HSBCチャンピオンズ。日本人選手は松山英樹、小平智、池田勇太、稲森佑貴の4人が出場している。

 小平が日本人最上位の通算1アンダー22位タイに浮上した。松山は通算3オーバー35位タイに後退。池田は通算4オーバー44位タイ、稲森は通算13オーバー72位で最終日を迎えることになった。

MORE:WGC-HSBCチャンピオンズの最新スコアはここをクリック!

 小平は通算1オーバー35位タイで3日目を迎え、この日は1番ホールからスタート。2番パー5でバーディを先行させたが、4番パー3をボギーとした。5番パー4でバーディを取り返したが、8番パー5と9番パー4で連続ボギーを叩き、前半を1オーバーで折り返した。

 後半に入ると巻き返し、10番パー4と11番パー4で連続バーディを奪った後、16番パー4でもバーディを加えた。

 結局、この日のスコアは5バーディ、3ボギーの2アンダー70(パー72)。通算1アンダー22位タイに順位を上げた。

 松山は通算2アンダー21位タイで3日目を迎えたが、1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの5オーバー77とスコアを崩した。通算3オーバー35位タイに順位を下げた。

 池田は通算5オーバー58位タイで3日目を迎え、2バーディ、1ボギーの1アンダー71でプレー。通算4オーバー44位タイ。

 稲森は通算12オーバー76位で3日目を迎え、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの1オーバー73でプレー。通算13オーバー72位となった。

トニー・フィナウが通算13アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位を守った Photo by Andrew Redington/Getty Images

 3日目終了時点でもトニー・フィナウ(米国)が首位をキープしている。通算11アンダー単独首位で3日目を迎え、5バーディ、3ボギーの2アンダー70でプレー。通算13アンダーに到達した。

 首位と3打差の通算10アンダー2位タイに、前年覇者のジャスティン・ローズ(イングランド)、ザンダー・シャウフェレ(米国)、パトリック・リード(米国)の3人が並んだ。

 首位と5打差の通算8アンダー5位タイに、アンドリュー・パットナム(米国)とトミー・フリートウッド(イングランド)の2人が続いている。

 出場選手の中で世界ランキング最上位(1位)のブルックス・ケプカ(米国)は、通算2オーバー40位タイで3日目を迎え、5バーディ、4ボギーの1アンダー71でプレー。通算1オーバー28位タイにつけている。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです