メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

堺少女歌劇団 笑って、心ひとつに 豊かな表現へ、基礎練習に汗 /大阪

「堺まつり」のステージに登場し、みんなで心をひとつにして、元気良く踊る=堺市堺区で、木葉健二撮影

 クラシック音楽が流れる鏡張りのレッスン場で、レオタード姿の少女たちが華麗に踊る。堺市堺区にある「堺少女歌劇団」の団員たちが「第45回堺まつり」に向けて歌やダンスの練習に励んでいた。

 堺少女歌劇団は、戦前にあった大浜少女歌劇を復活させ、地域を活性化させようと、堺東商店街連合会が堺市と吉本興業の協力を得て、2014年9月に結成した。レッスンの講師は元宝塚歌劇団の女優が担当し、小学1年から中学3年までの約70人がバレエやダンス、声楽などを学ぶ。

 堺少女歌劇団のクリエイティブプロデューサー、仙堂花歩さん(38)は「基礎レッスンを大切に、本物の表…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです