メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

記者編 京都・北野のアワ餅 通院帰りのやさしい甘さ

店頭では家族が並んで作っている。(左から)森藤さん、与八郎さん、春美さん、淳平さん=京都市上京区で

 幼いころ、通院の帰りに食べるアワ餅が何よりも楽しみだった。京都・北野天満宮の門前で300年以上続く名物で、時間がたつと硬くなり日持ちしないため、ここでしか買うことができない。思い出の味を求めて、秋の京都を訪ねた。

 記者は卵や乳製品にアレルギーがあり、症状の重かった小学生時代まで毎月、実家のある大阪府高槻市から京都市まで通院していた。車で片道約1時間半。帰りに母が必ず立ち寄ってくれたのが、京都・北野天満宮の門前にある「粟(あわ)餅所・澤屋(さわや)」。記者が食べられる甘味の店だった。

 澤屋のアワ餅は、丸いあんこと棒状のきなこの2種類。口に入れるとしっとりと軟らかく、時折、粒がプチっ…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです