メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/28 将棋 脇謙二八段 良い流れを未来にも /大阪

「パソコンを使う仕事も増えました」と話す脇謙二八段=大阪市福島区の関西将棋会館理事室で、新土居仁昌撮影

脇謙二八段(58)=大阪市出身

 現役最年少の高校生棋士、藤井聡太七段の活躍で空前の将棋ブームが到来し、大盤解説会やイベント会場には大勢の「観(み)る将」(自分では指さないが、観戦好きのファン)が詰めかけ、各地の将棋教室も盛況だ。長く将棋界の変遷を見てきた今、日本将棋連盟常務理事の一人として、棋界の未来に思いを巡らせている。

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです