メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

県外就業率 3人に1人、全国2位 /奈良

大阪北部地震の影響で電車の運行が中止され再開を待つ通勤客ら。県外への通勤・通学が多いだけに各駅は人であふれました=奈良市の近鉄新大宮駅で、佐藤英里奈撮影

 郊外の自宅から都心の会社に通勤する。

 こんなライフスタイルが始まったのは100年前のことです。阪急電鉄を創業した小林一三のアイデアだったことはよく知られています。

 郊外電車の沿線で住宅地を開発し、サラリーマンに月賦販売で一戸建て住宅を販売するという「阪急商法」は、その後の住宅開発のモデルになりました。

 私鉄沿線の住宅開発は、開発が進むとともに都心からどんどん離れていきます。自宅から職場まで時間をかけ…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文908文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです