メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーU19

W杯切符!東&宮代弾で開催国インドネシアに快勝(スポニチ)

 U19アジア選手権は28日、準々決勝が行われ1次リーグB組1位の日本はA組2位の開催国インドネシアを2-0で下した。この結果、上位4カ国に与えられる来年のU-20W杯ポーランド大会の出場権を獲得した。スタジアムを敵国のサポーターが埋め尽くすなど完全アウェーの中、DF東俊希(18=広島ユース)、FW宮代大聖(18=川崎FU-18)の得点で快勝した。

     完全アウェーの中若きサムライがW杯の切符をつかみ取った。試合終了を告げる笛が鳴ると選手らは抱き合って喜びを爆発させた。

     会場には約7万人のインドネシアサポーターがつめかけ、異様な雰囲気に包まれた。それでも、先に試合を動かしたのは日本だった。前半40分。DF東が左サイドでボールを持つと、約30メートルの位置から利き足の左を一閃(いっせん)。強烈なロングシュートは相手GKの頭上を越え、ネット右上に突き刺さった。後半24分にはゴール正面で直接FKを与えたが、枠を捉えたシュートをGK谷が右手1本ではじき出すなど守備陣を中心に耐えた。そして同25分。FW久保がペナルティーエリア内でキープしてFW宮代にラストパス。これを冷静に流し込み、インドネシアを突き放した。

     前回の16年大会で優勝を飾るまでは、4大会連続でベスト8止まりと、あと一歩のところでW杯出場を逃してきた。影山監督が「我々はまだ何も成し遂げていない」と話したように、4強入りはチームにとって最低限の目標でもあった。

     W杯行きを決め、ここからは日本史上初の連覇を目指す。11月1日の準決勝ではサウジアラビアかオーストラリアと対戦。アジアの頂点を懸けた厳しい戦いは続くが、指揮官は「ここから先は目標を一つ上げ、優勝を日本に持ち帰りたい」と力を込めた。

     ▼FW久保 素直にうれしい。もっと早く決められていたらもっと楽に試合を運べたが、結果として2-0で勝った。今日は結果が全てなので良かった。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
    2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
    3. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
    4. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
    5. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです