メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

戸建て住宅の維持管理 修繕費、計画立てて準備

一戸建て住宅の修繕工事の主なチェックポイント

 <くらしナビ ライフスタイル>

 住宅は大きな買い物だが、盲点になりやすいのが維持管理のための工事とその資金計画だ。マンションと違い戸建て住宅の場合は、自分で計画して資金を用意する必要がある。住宅診断や資金準備について聞いた。

 新築の場合、構造上の主要な部分の瑕疵(かし)や雨漏りは、2000年施行の住宅の品質確保の促進等に関する法律で、売り主が10年間保証する責任を負う。大手ハウスメーカーで建てた場合は、2年、5年、10年、15年……と定期的に点検し、各社の基準で定めた有料工事をすれば保証期間をさらに延長するところが多い。

 ただ、複数の工事を同時に行ったり、家が傷んでから修繕したりすると、大掛かりな工事になり費用もかさむ…

この記事は有料記事です。

残り1451文字(全文1765文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです