メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株

米中貿易戦争の懸念再燃、終値245ドル安

 【ワシントン中井正裕】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易戦争がエスカレートする懸念が高まり、前週末比245.39ドル安の2万4442.92ドルで取引を終えた。7月上旬以来、3カ月半ぶりの安値水準。前週に大きく下げた反動で352ドル値上がりする場面もあったが、貿易戦争懸念が台頭して下げ幅を広げ、1日の値幅は918ドルに達した。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数は116.92ポイント安の7050.29ポイントと4月下旬以来、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです