メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃木県

「止まらない県民」脱却を 県庁前で呼び掛け

横断歩道での一時停止を呼び掛ける県警交通機動隊員=宇都宮市の県庁前で10月29日(県警提供)

 「止まってくれない!栃木県」脱却を目指して県警などは29日、横断歩道前での一時停止を栃木県庁前で呼び掛けた。信号のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしていても、止まる車は全国ワーストの0.9%という調査結果が25日に日本自動車連盟(JAF)から公表され、対策に乗り出した。

     JAFは8~9月、全国47都道府県で、片側1車線で信号がない横断歩道計94カ所を調査。道路交通法は歩行者優先を定めているが、歩行者が渡ろうとしている時に通りかかった1万1019台のうち、一時停止したのは948台(8.6%)だった。

     調査箇所は県内2カ所だけでJAFは場所の詳細を明らかにしていないとはいえ、県内の一時停止率は、トップの長野県(58.6%)の65分の1。そこで県警などは急きょ、「止まってくれない」と自虐的に停止を呼び掛けるチラシを作製。29日は県庁前で信号待ちする車のドライバーに300枚を配り、県庁南の信号のない横断歩道で、車を停止させ歩行者を誘導するなどした。【林田七恵】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです