メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

被災地から学ぶ 復興に向かう岡山県倉敷市真備町

「復興していく真備の姿を見に来てほしい」と呼びかける多田伸志さん

「共に生きる地域共同体」をめざし

 中国や四国、九州など西日本を中心に甚大な被害をもたらした豪雨災害から4カ月が過ぎた。河川の氾濫で51人が犠牲になった岡山県倉敷市の真備町地区は、いまも被災者が避難生活を余儀なくされる一方、まちの再生に向けた取り組みが始まっている。

 真備町で「真備竹林麦酒醸造所」などを運営するNPO法人「岡山マインドこころ」がこの秋、真備町復興プロジェクト「一緒にやろう!」を本格始動した。家の改修や新築などをサポートする募金活動を展開している。

 精神障害者らが働く醸造所では、大麦の生産から醸造まですべて倉敷産の地ビールづくりを試みていたが、完…

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです