メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
クローズアップ2018

徴用工 日本側敗訴確定 日韓関係、かじ取り混迷

 韓国の最高裁で30日、元徴用工を巡って日本企業への賠償命令が初めて確定した。従来の韓国政府見解とも異なる判断で、日本政府は「極めて遺憾」とする外相談話を出した。今後、訴訟が拡大する可能性もある。日韓の外交・経済関係への悪影響が懸念され、文在寅(ムンジェイン)政権は対策を迫られている。

文政権、迫られる対応

 「政府は韓日両国関係を未来志向的に発展させることを希望している」。韓国の李洛淵(イナギョン)首相は、判決後のコメントで、日韓関係に大きな打撃を与えたくないとの思いをにじませた。

 北朝鮮の非核化と南北関係改善が最優先課題となっている文政権にとって、このタイミングで日本との関係を…

この記事は有料記事です。

残り2348文字(全文2640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. 人事 県教委 県立学校、教職員645人異動 過去10年で最少 /栃木
  4. 羽生、入念の4回転 首位チェンは全て着氷 フリーへ最終調整
  5. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです