メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

桂小春団治 独演会 公判も「取材」、新作は裁判もの

桂小春団治さん=小林祥晃撮影

 落語の「親善大使」が「裁判官」に転身? 海外公演の経験豊富な上方落語の桂小春団治が13日、東京・新宿の新宿角座で独演会を開く。

 独演会では毎年、新作落語と古典落語を1作ずつ新たに披露しており、今年は法廷でのやりとりを笑いに変えた新作裁判もの「正義の裁き(改)」と、遊女にだまされる男を描く古典「三枚起請」を演じる。

 「正義の裁き(改)」は1987年初演の新作のリメークで、本人いわく「テレビの『大相撲ダイジェスト』…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです