メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

ノーベル賞 偉業も地道な努力から /茨城

 今年のノーベル医学生理学賞に、京都大学の本庶佑(ほんじょたすく)先生の受賞が決まりました。理由は、免疫を生かしたがん治療の開発です。手術、放射線、抗がん剤に続く「第4の方法」と言われ、治療をあきらめていた多くの患者に生きる希望を与えました。本庶先生が強調したのは、他の偉人と同じ「基礎科学の大切さ」です。

 受賞決定後のテレビのインタビューで、先生はこう話していました。「基礎研究は一般に地味で、直接患者を…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  4. 埼玉・春日部共栄の野球部監督が暴力行為
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです