メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

強制不妊 救済案 理念、手法に隔たり 与党、訴訟の前例踏襲

過去の裁判での国の「謝罪・おわび」例

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らを救済する議員立法は、与党ワーキングチーム(WT)と超党派議連の方針がほぼ一致し、来年の通常国会への法案提出に向けた動きが本格化する。だが、同法の違憲性を認めるよう求めている国家賠償訴訟の原告側とは、依然として意見の隔たりがある。全面解決に至るには、この溝を埋められるかどうかが鍵になる。

 「法律を作った当時は背景があったのだろうが、今の人権意識からすると明確に国は手術を受けた方に被害を…

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文1964文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです