メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さんを名誉市民に 富山市長、12月議会に提案 父親の故郷、ゆかり深く /富山

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり記者会見する本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の同大で2018年10月1日、川平愛撮影

 富山市の森雅志市長は1日、同市にゆかりがあり今年のノーベル医学生理学賞を受ける京都大高等研究院の本庶佑特別教授(76)を「名誉市民」に推挙する考えを明らかにした。市条例に基づき名誉市民推薦委員会で今月中に諮問し、12月議会に提案する。

 本庶さんは、父親が同市出身で市内にはとこが住んでいる。1945年の富山大空襲被災体験を講演で紹介するなどゆかりが深い。

 同市名誉市民は過去14人。そのうちノーベル賞受賞者は、小学時代を旧大沢野町で過ごした利根川進さん(…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文456文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです