メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

522 探査機「はやぶさ2」

圧巻だった降下リハーサル

 日本の探査機「はやぶさ2」は、さる10月14~16日に行った第2回の降下リハーサルで高度22.3メートルまで降りることに成功、そしてさらに10月23~25日に実施(じっし)した第3回リハーサルでは、高度12メートルに達しました(図1)。

 実際の着陸の際、高度100メートルくらいから下は、地球から指令を送っていたのでは間に合わず、「はやぶさ2」は自分で何もかもやらなければなりません。そして高度30メートル以降は、地面に沿った姿勢で着陸してサンプルをとるため、レーザーを「はやぶさ2」本体から4本発射して、リュウグウの地面の角度を正確に見極めます(図2)。その際の頼(たの)みの綱(つな)は、距離計(きょりけい)(LRF:レーザー・レンジ・ファインダー)です。

 今回は2回目のリハーサルで、LRFが想定通りに機能することと「はやぶさ2」が半径約5メートルの円の…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1378文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです