メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

外国人材拡大 急ごしらえ新制度

【上】政府が目指す外国人労働者受け入れ拡大の枠組み【下】受け入れに向けた今後の主な課題

 外国人労働者受け入れ拡大に向けた入管法などの改正案は臨時国会に提出され、8日にも審議が始まる見通しだ。これまで認めてこなかった事実上の単純労働を含む分野での受け入れを解禁する内容で、成立すれば日本社会は大きな転換を迎えることになる。産業界からは歓迎する声が上がるが、与党内にも保守派を中心に慎重論がくすぶる。野党は制度設計の不十分な点を追及する構えだ。

この記事は有料記事です。

残り2026文字(全文2203文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです