メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

メディア 読書している? 本屋なら出合える

個性的な手書きポップ

山田やまだ道子みちこ 毎日新聞まいにちしんぶん 紙面審査委員しめんしんさいいん

 毎日新聞まいにちしんぶん戦後間せんごまもない1947ねんから実施じっししている読書世論調査どくしょよろんちょうさ今年ことしだい72かいかぞえました。全国ぜんこくの16歳以上さいいじょう男女だんじょ3600にん対象たいしょう郵送ゆうそうおこない、回答率かいとうりつは65%でした。

     漫画まんが雑誌ざっしふくほんうために1かげつにどれくらいのおかね使つかったかをいたところ、「ほんわない」が前年比ぜんねんひ4ポイントぞうの24%でした。2年間ねんかんでは11ポイントもえました。一方いっぽう回答かいとう一番多いちばんおおかったのは「1000円未満えんみまん」の37%(前年比ぜんねんひ2ポイントげん)でした。

     調査結果ちょうさけっか特集とくしゅうした毎日新聞まいにちしんぶんの10がつ26日朝刊にちちょうかんでは、出版科学研究所しゅっぱんかがくけんきゅうしょ久保雅暖くぼまさはる研究員けんきゅういんが、スマートフォンのひろがりによって無料むりょう動画どうがやニュースをたのしめるようになり、読書どくしょが「ひまつぶし」の手段しゅだんえらばれなくなってきた、と背景はいけい分析ぶんせきしています。調査ちょうさでは、この3年間ねんかん雑誌ざっしうことがったとこたえたひと(37%)に理由りゆういたところ、「ネットで手軽てがる情報じょうほうはいるから」とこたえたひとが3にんに1ひとり最多さいたでした。

     その影響えいきょうけているのが街中まちなか本屋ほんやさんです。書店調査会社しょてんちょうさがいしゃアルメディアの調査ちょうさでは、5がつついたち現在げんざい全国ぜんこく書店数しょてんすうは1まん2026てん前年ぜんねんより500店減てんへり、10年前ねんまえくらべ3割近わりちかったそうです。

     もちろん本屋ほんやさんでわなくても、アマゾンのようなインターネットのサイトでほんえます。でもぜひ本屋ほんやさんにあしはこんでほしいのです。すう月前げつまえ仕事しごと必要ひつよう皇室関係こうしつかんけい新書しんしょいに本屋ほんやさんにきました。新刊しんかんコーナーでまったのが穂村弘ほむらひろしさんの歌集かしゅう水中翼船炎上中すいちゅうよくせんえんじょうちゅう」。17ねんぶりの新歌集しんかしゅう遭遇そうぐうしたのには運命うんめいすらかんじました。こんな目的もくてきとはまった関係かんけいないほん出合であえて、あらたな世界せかいひろがるのはまち本屋ほんやさんならではです。穂村ほむらさん歌集かしゅうから。<みの王様おうさまとなるむしさされのうでに×(ばってん)の爪痕つめあとつけて>


     政治部せいじぶ夕刊編集部ゆうかんへんしゅうぶ政治せいじなが取材しゅざい週刊誌しゅうかんし「サンデー毎日まいにち」の編集長へんしゅうちょうつとめた。新聞しんぶんそとから新聞しんぶん経験けいけんをして、メディアに関心かんしんつようになった。1961年東京都生ねんとうきょうとうまれ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです