メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
全国高校駅伝

県予選 男子・高岡向陵、2年連続V 女子・富山商、圧巻の27連覇 /富山

1位でフィニッシュする高岡向陵の稲塚大祐選手=富山県黒部市で、森野俊撮影

 男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)の県予選(県高体連、富山陸協主催、毎日新聞社後援)が3日、黒部市駅伝コースで開催された。男子(7区42・195キロ)は14チーム、女子(5区21・0975キロ)はオープン参加の合同1チームを含む10チームが参加。男子は前評判の高かった高岡向陵が、2時間13分19秒で2年連続19回目の優勝。女子は全5区間で昨年と同じメンバーで臨んだ富山商が2年連続で区間賞を独占。大会新記録となる1時間10分17秒をマークし、27年連続27回目の優勝を飾った。両校は12月23日に京都市の西京極陸上競技場付設マラソンコースで開催される全国大会にそろって出場するほか、男女の上位各3校は今月18日に同コースで開催される北信越大会に出場する。【青山郁子、森野俊】

この記事は有料記事です。

残り5198文字(全文5563文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. 「同和地区の場所」ネット明示で削除要請 法務省が対応強化
  4. 羽生、入念の4回転 首位チェンは全て着氷 フリーへ最終調整
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです