メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

残留産廃で県、綾川の民間施設で焼却へ /香川

 豊島(土庄町)で今年に入って新たに見つかった約610トンの産業廃棄物について、県は3日、綾川町の民間施設で焼却処理する方針を示し、高松市で開かれた専門家による「豊島廃棄物等処理事業フォローアップ委員会」(委員長=永田勝也・早大名誉教授)で承認された。産廃発見から9カ月あまりで、ようやく処理方法が固まった。

 産廃汚泥やドラム缶を定期フェリーで搬出し、綾川町の「富士クリーン」で処理。燃えかすは直島町の「三菱…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです