メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

残留産廃で県、綾川の民間施設で焼却へ /香川

 豊島(土庄町)で今年に入って新たに見つかった約610トンの産業廃棄物について、県は3日、綾川町の民間施設で焼却処理する方針を示し、高松市で開かれた専門家による「豊島廃棄物等処理事業フォローアップ委員会」(委員長=永田勝也・早大名誉教授)で承認された。産廃発見から9カ月あまりで、ようやく処理方法が固まった。

 産廃汚泥やドラム缶を定期フェリーで搬出し、綾川町の「富士クリーン」で処理。燃えかすは直島町の「三菱…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです