メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

米、対イラン第2弾発動 闇市場で物々交換 「制裁耐えるノウハウ」

外貨への両替を求めて両替所に並ぶ人々=テヘランで2018年11月3日、松井聡撮影

 トランプ米政権は5日から、イランに対する追加制裁を実施する。イランの主要輸出産品である原油の禁輸措置を各国に求めるほか、金融制裁でイランに圧力をかける。イランの市民生活の悪化は避けられず、ロウハニ政権への不満も高まりそうだ。ただ欧州や中露両国は制裁に反対し、イラン封じ込めに熱心だった同盟国のサウジアラビアは、ジャーナリスト殺害事件を機に国際的信用が低下、身動きが取れない状況にある。米国の思惑通りに制裁が機能するかは未知数だ。【ワシントン会川晴之、テヘラン松井聡、カイロ篠田航一】

 テヘランの街中で暮らし向きについて聞いた市民の多くは、イランの国家予算がシリアやイエメンの内戦に費…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2357文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  5. イチローが開幕スタメン マリナーズ監督が明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです