メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

価値を伝える懸け橋になりたい=河瀬直美

プロバンスのオリーブ畑にて=2018年9月、河瀬さん提供

 ロクシタン(植物原料を使ったスキンケア製品のブランド)の哲学を伝えるための映像作品を3タイプ創るために、9月の初め、フランスはプロバンス地方を訪問した。この時期はラベンダーなどのハーブは花を咲かせていなかったが、滞在中は強く美しい朝陽(あさひ)が昇り、夕暮れには濃いオレンジの光が射(さ)し、近くの教会を照らす、そんな時間を過ごすことができた。女優の石橋静河(しずか)さんをアンバサダーとしてお迎えした。彼女の持つ魅力を最大限に活(い)かすように、プロバンスの風を存分に浴びてもらい、特に決まった台詞(せりふ)があるわけではない時間を過ごした。彼女の静かな微笑(ほほえ)みは、誰しもがもう一度その笑顔に逢(あ)いたくなる神秘的なものだ。決して大げさではない、その静けさは、人々の心の深く遠くに届いてゆくように想(おも)う。石畳の古く小さな村を散策しながら、ふと見上げた時に感じる木漏れ陽の心地よさ、大地を照りつける太陽に負けることなく歩むこと。それらは自然に寄り添いながら生きる術(すべ)を模索してきたプロバンスの人々の知恵となる。

 ロクシタンの創設者オリビエ・ボーサンさんは、66歳。23歳の文学部の青年はたまたま譲り受けた蒸留器…

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです