メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『「明治礼賛」の正体』=斎藤貴男・著/『生きづらい明治社会』=松沢裕作・著

 ◆「明治礼賛」の正体 斎藤貴男著(岩波ブックレット・626円)

 ◆生きづらい明治社会 松沢裕作著(岩波ジュニア新書・864円)

「維新」の時代の光と影

 今年は明治一五〇年である。

 明治、明治維新というと、私は東京外国語大学の最初のロシア人教師、メーチニコフを思い出す。かれが在日したのは、明治七~九年とわずかであったが、明治維新は、西欧では例を見ない徹底した革命であるという評価と、この国の将来に関する危惧が忘れられない。

 事実は、かれの危惧が現実のものとなった。「富国強兵」、そのための「殖産興業」、そしてその中で努力に…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1392文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 日産 ゴーン前会長の名誉博士号、褒章どうする?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです