メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

村上陽一郎・評 『胃弱・癇癪・夏目漱石 持病で読み解く文士の生涯』=山崎光夫・著

 (講談社選書メチエ・2052円)

人間漱石の生の姿明るみに

 幾つかの機会に書いたように、私は漱石で育った。小学生のころから読み始めた、あの独特の表装の漱石全集は、二セットになって、なお、旅先などで読むための文庫本も、折々買い求めるほど。だから、『明暗』の津田が痔疾(じしつ)で苦しみ、『猫』の主人の「神経胃弱性」や『行人』の三沢の胃潰瘍での入院などの場面を読めば、著者(漱石)本人もそうした患いを抱えていたのだろうと想像はできた。「修善寺の大患」も知識としてはあったし、不幸な滞英生活や、「神経衰弱」の宿痾(しゅくあ)、あるいは子規との熱い交友ぶり、博士号返上事件、大学教授としての負の経験、池辺三山(さんざん)と朝日入社のいきさつ、あるいは、鏡子夫人、弟子たちや主治医など、漱石を取り巻く人々についても、知る機会は増えた。

 けれども、不思議に私は、漱石に人間的な関心をほとんど持ったことがなかった。そのことに本書を読んで徹…

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文2129文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです