メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『牧水の恋』 著者・俵万智さん

俵万智さん=中澤雄大撮影

 ◆俵万智(たわら・まち)さん

 (文藝春秋・1836円)

放浪歌人と重ねた対話

 空前の大ヒットを飛ばした歌集『サラダ記念日』の刊行から31年になる。以来、親しみやすい口語文体で時代の空気感と心の移ろいを三十一(みそひと)文字で描写してきた国民的歌人が不思議な縁あって、今年で没後90年を迎えた若山牧水の評伝に挑んだ。

 言わずと知れた放浪歌人である。<幾山河(いくやまかは)越え去り行かば寂しさの果てなむ国ぞ今日(けふ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです