メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

科学 感染症 戦いこそ人類の歴史

しっかり手洗い

田中たなか泰義やすよし 毎日新聞まいにちしんぶん 医療福祉部長いりょうふくしぶちょう

 最近さいきん風疹ふうしんという病気びょうきえているというニュースにづいたかな。インフルエンザが流行りゅうこうする季節きせつちかづいています。風疹ふうしんやインフルエンザのような病気びょうきを、感染症かんせんしょうんでいます。

     風疹ふうしん症状しょうじょうは、ねつたり、皮膚ひふ出物でものができたりします。おなかにあかちゃんのいるおかあさんがかかると、あかちゃんのみみ心臓しんぞう障害しょうがいのこ可能性かのうせいがあります。原因げんいん風疹ふうしんウイルスです。今年ことし患者かんじゃは1000にん上回うわまわり、5ねんぶりの流行りゅうこうとなりました。インフルエンザは、体温たいおんがときに38度以上どいじょうになるのが特徴とくちょうで、原因げんいんはインフルエンザウイルスです。

     ウイルスとは、わたしたちのえないとてもちいさな存在そんざいです。たとえば、風疹ふうしんウイルスのおおきさは、日本人にっぽんじんかみふとさのわずかやく1000ぶんの1しかありません。風疹ふうしんウイルスやインフルエンザウイルス以外いがいにも、たくさんのウイルスがあります。また、感染症かんせんしょうこす存在そんざいには、ウイルスよりおおきな細菌さいきんなどがあって、専門家せんもんかはまとめて微生物びせいぶつんでいます。

     感染症かんせんしょうふせぐにはどうしたらいいでしょうか。そう、微生物びせいぶつ体内たいない侵入しんにゅうさせなければいいですね。侵入経路しんにゅうけいろ調しらべてみると、すでに感染症かんせんしょうになっているひとのせきやくしゃみをくちはなからんだり、ダニやされたりする場合ばあいがあることがかりました。

     外出時がいしゅつじにマスクをければ、危険性きけんせいげられそうですね。微生物びせいぶつんでも、手洗てあらいとうがいをすれば、からだそとせます。野山のやまあそぶときには、ダニやされにくいながそでやながズボンがおすすめです。

     原因げんいんかれば、対策たいさくかんがえることができます。人類じんるい感染症かんせんしょう原因げんいん調しらべ、予防よぼう治療ちりょう方法ほうほう発見はっけんしてきました。免疫力めんえきりょくけるワクチンが代表格だいひょうかくでしょう。しかし、微生物びせいぶつ種類しゅるい無限むげんにあるとえます。人類じんるい歴史れきし感染症かんせんしょうとのたたかいなのです。


     医学いがく地球温暖化ちきゅうおんだんか原発げんぱつなどを担当たんとう学生時代がくせいじだいはオーロラを専攻せんこうした理系人間りけいにんげん本物ほんものたくて休職きゅうしょくし、アメリカのアラスカ大学だいがく留学りゅうがく。40だいでバイオリンをはじめた。1966年岐阜市生ねんぎふしうまれ。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
    2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
    3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
    4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです