メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梵鐘

75年ぶり再建 平和への祈り込め 戦時中に供出 龍ケ崎「来迎院」 /茨城

 龍ケ崎市馴馬町の天台宗「来迎院」で、戦時中の金属供出により失われた梵鐘(つり鐘)が、75年ぶりに再建された。鐘は、戦時の記憶の継承と非戦への祈りをこめて「平和の梵鐘」と名付けられた。完成を祝う落慶(落成)式が4日にあり、心に染みるような鐘の音が地域に響き渡った。【安味伸一】

 寺によると、元の梵鐘は1943年、武器の原料にするため、国から供出を求められた。再建は、戦後70年の節目に機運が高まり、昨年1月に正式決定。鐘を収める鐘楼堂の新築と合わせた総費用約1700万円は、檀家や信徒ら…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです