メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳田国男

文学碑、南砺・善徳寺に 紀行文看板、駅前整備で撤去 市民の力で再生 /富山

柳田国男の文学碑を除幕する建立実行委員会の河合常晴会長(左から2人目)ら=富山県南砺市城端の城端別院善徳寺で、青山郁子撮影

 民俗学者、柳田国男(1875~1962)の文学碑が南砺市城端の城端別院善徳寺に完成し、4日、除幕式があった。1909年に城端町(現南砺市)を訪れた際に記した紀行文「木曽より五箇山へ」の文学碑で、JR城端駅前の整備事業で一旦は撤去された看板を市民の有志が募金を集めて石碑に再生した。

 国の官僚として北陸を訪ねた柳田は、情緒漂う城端の町並みを「機の声の町なり……」などと表現。その名文は長らく看板で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ
  3. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  4. 「戦国テンプレート」発売 武将の家紋、手軽に コクヨ滋賀
  5. 大麻所持容疑 「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです