メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
全国高校駅伝

県予選 美方、男女V 都大路へ /福井

指で4連覇を示し、テープを切る美方の谷口蓮選手=福井県鯖江市の市東公園陸上競技場で、塚本恒撮影

 県高校駅伝競走大会(県高校体育連盟、福井陸上競技協会主催、毎日新聞社など後援)は4日、鯖江市東公園陸上競技場を発着点とするコースであった。14校が出場した男子、11校で争われた女子とも美方が優勝し、12月23日に京都の都大路を駆け抜ける全国大会への出場権を手にした。

 美方は、男子(42.195キロ)が2時間9分29秒で4年連続29回目の優勝を飾り、女子(21.0975キロ)も1時間15分52秒で6年連続24回目の都大路行きを決めた。男女の上位3校は今月18日に富山県黒部市である北信越大会に出場する。【塚本恒、岸川弘明】

この記事は有料記事です。

残り4835文字(全文5098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです