メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

府予選 男子・洛南、女子・立命館宇治V /京都

大会新記録でフィニッシュする洛南のアンカー諸冨湧選手=京都府京丹波町の府立丹波自然運動公園で、矢倉健次撮影

 男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会府予選(府高体連・京都陸上協会主催、毎日新聞社など後援)が4日、京丹波町の府立丹波自然運動公園を発着点とする男子が7区間42.195キロ、女子は5区間21.0975キロのコースであった。合同4チームを含む35チームが出場した男子は洛南が2時間5分48秒の大会新記録、合同1チームを含む26チームで争った女子は立命館宇治が1時間11分36秒でともに区間賞を独占し完全優勝を果たし、12月23日に京都市で開かれる全国大会に洛南は4年連続25回目、立命館宇治は30年連続30回目の出場を決めた。男女の上位各6校は今月18日に大阪府能勢町である近畿大会に出場。女子は近畿大会で各府県代表以外の最上位1校が全国大会出場権を得る。【矢倉健次、大東祐紀】

この記事は有料記事です。

残り4054文字(全文4398文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです