メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 世羅、男女10年連続V 男子・全員区間賞で圧倒 女子・5区記録、10秒更新 /広島

2位と大差をつけフィニッシュする世羅の倉本選手=広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場で、小山美砂撮影

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会県予選(県教委、県高体連など主催、毎日新聞広島支局など後援)は4日、三次市のみよし運動公園陸上競技場を発着点に行われ、世羅が10年連続で男女同時優勝を果たした。男子は2時間6分35秒で7人全員が区間賞、女子は1時間9分29秒で4人が区間賞を獲得し、5区のテレシア・ムッソーニ選手(1年)は区間記録を更新した。全国大会出場は男子が15年連続48回目、女子が13年連続13回目で、男女とも12月23日に京都・都大路を駆け抜ける。【小山美砂、隈元悠太】

この記事は有料記事です。

残り3887文字(全文4134文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  4. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口塞ぎ 妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです