メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・小豆島中央、女子・高松工芸V /香川

3連覇を果たした小豆島中央のアンカー、長尾周選手=香川県坂出市の番の州公園前特設コースで、岩崎邦宏撮影

 男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会県予選会(県教委、県高体連、毎日新聞高松支局など主催)が4日、坂出市の番の州公園前特設コースで開かれた。男子は2時間14分20秒で小豆島中央が3連覇(統合前も含む)、女子は1時間13分42秒で高松工芸が4年ぶりの優勝を果たした。2校は12月23日に京都市で開かれる全国大会に出場する。また、男子の上位4校と女子の上位3校が出場する四国大会が、今月18日に高知市で開かれる。女子は記念大会にあたり、各県予選会の優勝校を除いて最上位になれば全国大会の出場権が得られる。【岩崎邦宏、山口桂子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです