メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・大牟田、2年ぶりV 女子、筑女は4年連続V /福岡

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(日本陸連、全国高体連、毎日新聞社など主催)の県予選大会が4日、嘉麻市の嘉穂総合運動公園周辺コースであった。男子(7区間42・195キロ)は大牟田がアンカーでトップに立ち2年ぶり、女子(5区間21・0975キロ)は筑紫女学園が逆転で4年連続の優勝を飾った。両校は12月23日、県代表として都大路に挑む。全国大会出場は大牟田が41回目、筑紫女学園が25回目。また男女上位3校は18日に同コースである全九州大会に出場する。女子は第30回の記念大会のため、全九州大会で福岡、佐賀、長崎、大分4県の県代表校を除く最上位に入れば全国大会出場権を得る。【宗岡敬介、杣谷健太】

この記事は有料記事です。

残り3352文字(全文3657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです