メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 東明、男女で盤石頂点 4年連続 /大分

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の県予選大会が4日、宇佐市安心院町の公認コース(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)であり、大分東明が4年連続の男女アベック優勝を果たした。男子はオープン参加を含め計23チームが競い、東明が2位に4分以上差を付けた2時間6分58秒で8年連続17回目の全国大会(12月23日開催)出場を決めた。女子はオープン参加2チームを含め計15チームが出場し、東明が1時間8分53秒の大会新記録の圧倒的な快走を見せた。全国大会出場は4年連続6回目。また、男女各上位3位チームは、今月18日に福岡県である全九州高校駅伝競走大会に出場する。【田畠広景、大漉実知朗、白川徹】

この記事は有料記事です。

残り1733文字(全文2056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです